花粉症の一般的な治療方法とは

トップページ 花粉症の一般的な治療方法とは

花粉症の一般的な治療方法とは

まず理解してもらいたいのが、花粉症の根本治療というのは現時点では存在していません。なので、基本的に薬の投与や内服によって症状を抑制するといった対症療法が現在の花粉症対策になっています。もちろんこの対症療法をするということも予防法として成り立っていますが、あくまで症状を抑制するというものだということを認識しておきましょう。

 

また、それ以外の方法でしたら免疫機能に影響を与えて症状を抑えるアレルゲン免疫療法も行われています。薬物療法を使う対症療法と違って治療期間が終わっても抗アレルギー効果が維持できるということがポイントです。しかし、手軽に出来る治療ではなく効果も永続するというわけではないです。もちろん長期的に体質改善をするということで、少しずつ症状を緩和していくことも出来ますので、長い目で見ると長期療法もオススメとなります。

 

対症療法について、知りたいという方もいるので多少具体的に説明しますが、これは薬を服用したり投与したりというものです。症状を引き起こす物質というのはヒスタミンやロイコトリエンといったものですが、その働きを抑制するのが抗ヒスタミン薬です。

 

これは服用薬以外にも目薬や鼻のスプレーなどがあり、どちらも処方してもらうということが多いです。また、注意点として症状は抑えられますが眠気を始めとした強い副作用がありますのでそれを理解した上で使用することをオススメします。色々と治療法はありますが自分に合ったものを選ぶといいでしょう。