妊娠早々血糖値の指標HbA1cについて

トップページ 妊娠早々血糖値の指標HbA1cについて

妊娠早々血糖値の指標HbA1cについて

妊婦さんの糖尿病を判定する際に、血糖値の指標といわれているHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の値が5.9%以上になってしまうと、子供が先天異常になったり、難産になったりするなどのリスクが高くなるという結果が出ているようです。

 

糖尿病を持っている女性を全て特定して、妊娠結果が有害となるリスクが増えているグループも特定することができるという報告が出ています。女性にとっては、かなり気になる報告ですよね。

 

ニュージーランドの研究グループがある報告をしています。それは、米国糖尿病学会が発行しているダイアベーツケア誌の2014年11月号にて報告しているものです。2008年から2010年にかけて、ニュージーランドのクライストチャーチで調査を行いました。

 

およそ1万6000人もの妊婦を対象にして、最初の出産をする前に、主に妊娠47日目を中心とした時点でHbA1cの値を検査しました。このうち4201人を調べましたが、974人の妊婦が妊娠早期の時点で「経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)」というものを受け、糖尿病の診断をしてもらっていたようです。

 

口から糖を摂取してから、血糖値がどのように変化するのかを調べて、その調整力から糖尿病かどうかの可能性を判断するもののようです。このOGTTの結果と照合した上で、HbA1cから妊娠糖尿病を判定する際の基準を検討しています。

 

結果としては、HbA1cが5.9%以上という基準値に設定したところ、糖尿病に既にかかっていた15人全員を見つけ出すことができたのです。妊娠20週以前の妊娠に対する糖尿病については、98.4%もの高い確率で捉えることが可能でした。

 

およそ1万6000人全ての妊婦を対象に検証したところ、HbA1cが5.9%〜6.4%の女性については、5.9%未満の女性に比べて問題も発生しやすくなっていたようです。生まれてくる子供が重度の先天異常になる危険度は2.67倍になっていたのです。

 

HbA1cを測るのはとても簡単です。経口ブドウ負荷試験を使って判定してもら前に、糖尿病かどうかの可能性を知るために参考にしておくと良いでしょう。これから妊娠を考える女性にとってはとても大切な情報ですね。